先輩の声

HOME» 先輩の声 »荒田 玲子

先輩の声

荒田 玲子

/userfiles/image/hatarakur.png  



 

     
一番のきっかけは、私が保育所や小学生の時に、同じ地域ということもあり、よく訪問していたことと、中学生の時には職業体験がはごろも苑であり、とても身近に感じられたため、働きたいと思いました。また、丹後は雪国なので、冬期の通勤の事も視野に入れ決めました。   身体介護(食事・入浴・排泄)やご利用者と楽しく会話をしたり、一緒におやつ作りをします。軽く体を動かすレクリエーションを考え行います。
気候の良い時期には、外出(お花見・ドライブ・紅葉狩り・外食)などをしています。
  仕事内容は、慣れると大変だと思うことはほとんどありませんが、24時間体制でご利用者をサポートしなければならないので、勤務時間が不規則(早出・夜勤など)であることが大変だと思います。
普段から心がけていることは、細かく言えばたくさんありますが、一番は元気に仕事ができるように、体調をくずさない・怪我をしないことです。



 

 
  出会いや研修・仕事を通して自分が成長できる場所。
また、職員の親睦会、歓迎会があり、そこでたくさん話して仲良くなり、仕事も楽しくできます。
元気で明るい人が多いところも魅力です。
  児童・障害・高齢と、とても幅広く、職員の人数も多いので、仕事を通してたくさんの人と出会うことができ、良い人生経験になっていると思います。
また、様々な研修に参加することができるので、知識を深めたり新たに知ることも沢山あり、良かったと思います。



 

旅行や、まだ行ったことのない土地に行くことが好きなので、日本全国どの都道府県にも一度は行きたいと思っています!あと半分くらいです…
海外旅行も夢です!
  休日は、甥と遊んでいることが多いです。
お酒を飲むことも好きなので、休みの前日は飲みに行っていることもあります。ストレス発散にはカラオケやバッティングセンターに行きます。雨や雪の日には、読書やDVD鑑賞、編み物などもしています。1〜2ヶ月に1回は連休を取り、遠出することが楽しみです。
 


 








 


 

荒田  玲子さんの1日

勤務年数:6年
保有資格:介護福祉士


 


 
     
入浴準備
入浴される方のタオルや着替えを用意し、お風呂の湯をためます。看護師は「体温・血圧・脈拍」測定を行います。
   
入浴
体温・血圧等問題がなければお風呂に入ってもらいます。お風呂をとても楽しみにされているご利用者もおられます。
   
午前のティータイム
ご利用者の皆様にお茶を飲んでいただきます。
お話したり、テレビを見たりして過ごされます。
昼食時に使うおしぼりも職員が巻きます。
     
昼食準備・昼食
お茶とお汁は、各フロアで配膳をします。ご利用者にも手伝っていただくこともあります。
   
お昼のミーティング
介護士・看護師・相談員が参加し、ご利用者の体調や様子、本日の予定・午前中の出来事の報告などを行います。
休憩は順番にとります。
   
ご利用者をお部屋へご案内
昼食後はほとんどのご利用者がお部屋で休まれます。
フロアでテレビを見る方もおられます。
   
ティータイムの準備・ティータイム
お茶・コーヒー・紅茶・こぶ茶などご利用者の好みに合わせてティータイムの準備をします。時々厨房職員がミックスジュースを作ったり、ご利用者と一緒に手作りおやつ作りをすることもあります。。
     
レクリエーション・学習療法
   
風船バレー・トランプ・五目並べ・歌など、その日の勤務者がレクリエーションを考えてご利用者と楽しい時間をすごします。また学習療法という、認知症予防の頭の体操にも取り組んでいます。
   
介護日誌の記入
その日一日の記録・夜勤者への申し送り等を記入します
   
余暇時間
お部屋で休まれたり、フロアでテレビを見てゆっくりされたりしています。
     
  業務終了



 

MEMBER / 活躍する社員たち クヨで活躍する社員たちをインタビュー。仕事や職場のこと、事業のことはもちろん、学生時代のことやプライベートについても紹介しています。

本記事記載の情報は2014年1月現在のものです