先輩の声

HOME» 先輩の声 »辻村 昌敏

先輩の声

辻村 昌敏

/userfiles/image/hatarakur.png  



 

     
元々は別法人の高齢者施設で介護職員、相談員として勤務していましたが、一度退職して専門学校に入学しました。そこでの実習中に精神障害者と出会い、障害者支援に関心を持ちました。卒業後帰省する際に、地域で暮らす障害者の支援に携わりたいと思い、児童、障害、高齢者の各分野の事業所を有し、地域の課題、ニーズに柔軟に対応している当法人を希望しました。   ・もみの木では、相談支援事業と通所事業の2つの事業を行っており、私は相談員として活動しています。サービス利用計画を作成し、地域で暮らしていく中での対象者のニーズを聞き取り、課題となる部分へ必要なサービスを提案、調整します。そして対象者の希望する生活を実現できるよう、関係事業所と連携しながら支援しています。また、医療機関からの要請を受けて、入院している方の在宅復帰および地域生活定着のための支援にも携わっています。
・丹後圏域自立支援協議会では、精神部会部会長として、障害のある方が地域で安心して生活できる支援体制の構築をめざし、定期的に会議を持って協議しています。
  人対人の仕事である以上、関わりを持つうえで悩んだり、迷ったりすることは多々あります。そこで感情的にならず、先ずは対象者自身もしくはご家族の意向を聴き、現状の生活を維持またはより良くすること、より良くするために課題となる部分を考えます。そして、対象者が希望する生活と現状とのギャップ、満たされていない部分へどういったアプローチをすることができるのかを提案し、対象者の満足感を高めることができるよう意識しています。そのためには、日々出てくる新たな課題に対して常に学ぶ姿勢を維持し、知識・技術を身につけることによって自身を高めていくことを心掛けています。



 

 
  ・福祉の仕事に就くまでに様々な職業を経て入職された職員もおり、話し合いをしていても福祉の現場にいる職員にありがちな一方的な視点に偏らず、柔軟な考えを持っておられると感じます。法人の理念にある通り「管理より生活を」を念頭に置き、より良い生活を意識したアプローチをすることができていると思います。
・各階層ごとに職員を育てるという意識の高さ、仕事を任せるだけでなく、フォロー体制がしっかり整っています。実践を通して知識・技術を身につけることができるだけでなく、自らも成長させてくれる職場だと実感しています。
  ・対人援助の難しさを痛感していますが、支援しているだけではなく、実際の関わりを通して自身も利用者に支えられていると感じることが多くなっています。この仕事をしていないと一生お会いすることはなかったかもしれない方もあると思いますが、本当に出会えてよかったと思える方々ばかりです。日々の業務を通して利用者から感謝の言葉を聞くと、「この仕事を続けていてよかった」と報われ、それまでのしんどさ以上に得られる満足感、充実感があります。
・多くの職員がいる中で福祉の職場一筋の方、ここに至るまでに様々な職歴を持つ方、年齢の幅も広く、その方々と関わりを持つことで、考え方は人それぞれであることを感じています。そして、同職種の人であっても自分とは異なる考えを聴くことで刺激を受け、自身の考え方の幅も広がってきているように感じています。また、職員間の話し合いの際にもお互いの意見を出し合い、そこから新しい意見がでてくるのは素晴らしいと思っています。



 

現在、精神障害者の支援を行なうなかで、国の方針により入院に繋ぐことが非常に困難になっています。また、関係者から見て入院が必要であり、病院側の受け入れが可能であっても、対象者自身が拒否することもあります。在宅生活を支援するにあたっても、地域のサービス提供事業所が少なく、十分なサービスを受けられないことがあります。そんな中、在宅で生活している精神障害者に対する支援の一つとして、地域特有のデメリット(精神科の医療機関、精神科医が近隣にない、サービス事業所数も限られている)を解消するために、医療機関、関係事業所と連携し、対象者が地域で安心して生活していくことができるような、地域事情をふまえたネットワーク型の地域支援システムの構築を目指したいと思っています。   ・趣味は旅行
・休日には、できる限り家族と過ごし、子ども達と遊んだり、近隣を散策して新しい発見をすることで気分転換を図っています。
 


 







 


 

辻村  昌敏さんの1日

勤続年数 9年
保有資格:介護福祉士、相談支援専門員


 


 
     
出勤
ミーティング(1日の予定の確認)
会議資料の確認、準備。
関係事業所からの連絡受付。
体調不良の対象者の状態把握、受診通院付添等の対応について手配。
   
他事業所での会議出席の為移動。
   
   
サービス担当者会議に参加。
     
     
  (今朝、調整を行った)対象者の入院について、関係事業所と必要物品の準備、役割分担等の調整。
     
     
休憩
   
関係事業所へ連絡。
(入院となった対象者の情報提供及び対応について相談)
   
   
ケース会議に参加。
     
     
  会議終了後に入院手続きのため訪問。
(申請書類の記載および提出のため)
     
  退勤


 

MEMBER / 活躍する社員たち クヨで活躍する社員たちをインタビュー。仕事や職場のこと、事業のことはもちろん、学生時代のことやプライベートについても紹介しています。

本記事記載の情報は2014年1月現在のものです