先輩の声

HOME» 先輩の声 »中嶋いずみ

先輩の声

中嶋いずみ

/userfiles/image/hatarakur.png  

 


     
短大生の時、乳児院で働いてみたいと思っていたのと、地元で保育士として働きたいと思ったからです。   保育園で保育士として働いています。
子ども達と遊びながら、それぞれの発達につながっていくような製作の準備や事務的な仕事をしています。
  大変なことは、一人ひとりの発達を把握し、それぞれに合ったかかわりをすることです。
心掛けていることは、子ども達の前で笑顔を忘れないことと、楽しみながら子ども達とかかわることです。


 
  児童部門は保育園だけでなく乳児院や児童養護施設、子ども園など様々な施設があります、いろんなところで仕事を経験することで、子どもの見方、保育の方法、保護者とのかかわり方などをいろんな目線から勉強でき、自分が成長できる環境がみねやま福祉会にあると思います。   職場の先生方が優しい方ばかりで、とても楽しく仕事ができているのでいつも感謝しています。

これからもずっと保育士の仕事を続けていき、自分の目指す保育士になることです。   趣味は、絵本を集めたりパンやお菓子作りをすることです。休日は、友達とご飯を食べに行ったり、お菓子作りを楽しんでいます。  






 



 


 

中嶋 いずみさんの1日

勤続年数:4年
保有資格:保育士、幼稚園教諭2種


 


 
     
順次登園
登園した子ども達の朝の準備を見守り、体温測定や連絡帳でお家での様子や体調を把握します。いろんなクラスの子どもを受け入れるので、各担任に連絡事項を伝え忘れないよう申し送りに記入します。
   

子ども達と遊んだ玩具の片付けをします。
 
   
朝の会
ピアノを弾いて歌を歌ったり、午前のおやつの準備をします。
(配膳、机の消毒)
   
午前のおやつ
食事を介助したり苦手な物もできるだけ
自分で食べられるように声掛けをします。
     
設定保育
製作をしたり集団遊びなどをします。子ども達が楽しんで取り組めるようなことを導入したり、雰囲気作りをします。
   
給食
職員も一緒に食べながら、子ども達の食事を介助したり見守ります。
   
午睡準備
歯磨き、パジャマの着替え、排泄を援助します。
身の回りのことが自分達でできるように声かけをします。
     
子ども達が寝ている間に連絡帳や週案の記入、
製作の準備や行事の準備など事務的な仕事をします。
午睡
子ども達が安心して眠れるように保育士が寄り添います。乳児はSIDSの危険性が高いため5分おきに睡眠チェックをします。
   
午後のおやつ
手作りおやつがとても美味しいです。
   
降園準備
降園準備を見守り、それぞれのかばんをチェックしたり、部屋の掃除や申し送りの記入をします。
   
順次降園
保護者が迎えに来られたら1日の様子などを伝えて見送ります。
お迎えがまだ来られていない子ども達と過ごします。
   
業務終了


 

MEMBER / 活躍する社員たち クヨで活躍する社員たちをインタビュー。仕事や職場のこと、事業のことはもちろん、学生時代のことやプライベートについても紹介しています。

本記事記載の情報は2014年1月現在のものです