先輩の声

HOME» 先輩の声 »葉賀 達彦

先輩の声

葉賀 達彦

/userfiles/image/hatarakur.png  


     
丹後に帰ろうと思った時に、みねやま福祉会では沢山の人達が働いておられることを聞き、また、幅の広い福祉の事業所が法人の中にあることを知り、沢山の方とふれあいたいと思い希望しました。   2歳児を担任しています。
子ども達と一緒に遊んだり、給食を食べたり、歌を唄ったりしています。
特に、身体を動かして遊ぶことに力を入れており、体操や遊戯などを研修で学び、楽しいものを取り入れて子ども達に伝えるようにしています。
  子ども達一人ひとりの発達に合わせて支援することを心掛けています。また、怪我なく笑顔で楽しく過ごせるよう常に気を配っています。

  しゅんかん
  様々な職種の方と交流する機会があり、保育以外のことも学べます。
多くの研修に参加できる機会があり知識が増えます。
  様々な人と出会う機会が多いので保育の知識やアイディアを沢山知る事ができ、自分自身の気持ちの向上にもなったこと。

目標は、遊びや踊りのレパートリーを増やして今まで以上に子ども達に沢山楽しい事を提供していくこと。夢は、年をとっても子ども達と体を動かして遊んで、子ども達の笑った顔を見続けること。   週に2回程バレーボールをして身体を動かしています。
友人達とドライブをしたり、旅行に行ったりして休日を過ごしています。
 






 



 


 

葉賀 達彦さんの1日

勤続年数:5年
保有資格:保育士

 


 
     
  子ども達の登園
登園してきた子ども達を受け入れ、視診などで
健康状態を確認します。
     
自由遊び
登園した子どもから延長保育の部屋で遊具を使ったりお絵描きをしたりして自由に遊びます。子ども達の様子を見守りながら一緒に遊びます。
   

朝の準備
自由遊びの片付けを子ども達と一緒にします。
持ち物の片付けをしながら、連絡帳に目を通し、

その日の体調や保護者からの連絡等を確認します。

     
朝のおやつの用意
テーブル・イスを用意し、消毒など衛生面には気を配り、食べる準備をします。子ども達を手洗いに誘います。
健康状態によって栄養士さんと相談し、メニューを変更することもあります。子ども達を手洗いに誘い、終わったら手指消毒を行う。
   
朝おやつ
牛乳・果物を配膳し「いただきます。給食の先生ありがとう。」の挨拶をし、食事を補助します。この際、牛乳アレルギーの子どもには注意をします。
     
排泄〜朝の歌
子ども達を排泄に誘い排泄の援助を行います。
排泄後は保育室に戻り、ピアノを弾いて一緒に季節の歌や子ども達の好きな歌を唄います。
 
     
活動(設定保育)時間
園庭やホールで、音楽に合わせて体操や踊りを楽しんでいます。
保育室では、お絵かき、ままごと、ブロック遊びなどを楽しんでいます。
   
給食
11:00より配膳をし11:10頃に「いただきます。」をし、一緒に食事をします。手を添えたり、声掛けしながら楽しく食べれるようにしています。
   
午睡
子ども達の着替えを見守り、声掛けもしながら午睡の準備をします。
全員が着替え終わると絵本の読み聞かせをし午睡の部屋へいき子ども達が安心して眠れるよう心掛けています。
記録・制作準備
子ども達が寝ている間は連絡帳に1日の様子を記入したり、保育室の壁面を作ったり、次の日の保育の準備をします。
   
午睡
なかなか眠れない子どもや、途中で起きた子どもが落ちついて寝られるように、抱っこをしたりして寝かせます。
職員は1時間ずつ交替で休憩します。
     
おやつ・午睡検温
配膳をし、いっしょに手作りおやつを食べます。
食べた後は検温を行います。
   
降園準備
子ども達に声掛けをして、持ち物の片付けを一緒にします。
     
  降園・延長保育
保護者がお迎えに来られたら、保護者に1日の様子を伝えます。こども一人ひとりと、握手でさよならのあいさつをします。
延長保育の子ども達は、保育室で自由遊びをしながらお迎えを待ちます。
     
  記録
1日の様子を保育日誌に記入し、1日の振り返りをします。
     
  業務終了



 

MEMBER / 活躍する社員たち クヨで活躍する社員たちをインタビュー。仕事や職場のこと、事業のことはもちろん、学生時代のことやプライベートについても紹介しています。

本記事記載の情報は2014年1月現在のものです