先輩の声

HOME» 先輩の声 »岡野 裕明

先輩の声

岡野 裕明

/userfiles/image/hatarakur.png  




     
神戸の専門学校に行っていましたが、地元で働きたいという思いが強く、学生の頃、幼児寮で2回実習させていただきました。そこで子どもと一緒に生活をする楽しさ、職員間の雰囲気の良さが印象的であり、きっかけとなりました。   生活の場であるので、一緒に生活をしていく中で基本的生活習慣の自立であったり、地域小規模グループケアの担当で子ども6人と衣食住を共にしています。様々な生活体験ができるよう支援しています。   子どもとの関わりの中で、子どもの問題行動に直面したときです。一人で悩まないようにチーム全体で子ども一人ひとりのことを考え、共有していけるよう日頃から職員同士のコミュニケーションを心掛けています



 

     
 
  同じ法人の施設(高齢者)から、お祭りや芋ほりなどイベントに招待して貰ったりと施設同士で交流があることです。子どもと高齢者が関わっている姿をみると、とても微笑ましく思います。   みねやま福祉会で働く人達に出会えたことです。とても親切な方たちばかりで、仕事面でも助けられています。



 

私の目標は、一人ひとりの子どもの声への傾聴です。子どもにとっての生活を常に考えています。施設に入所しなくてはならなかった子ども達が、施設ではなく地域の家で生活していくこと、施設ではあるが施設らしくない生活環境を子どもに作ってあげることです。   休日は、主に家族とどこかに出かけたり家でゆっくり過ごしています。
趣味は、魚釣りや野球をすることです。
 







 


 

岡野 裕明さんの1日

勤続年数:8年
保有資格:保育士、幼稚園教諭2種

 


 
     
  本体幼児寮、グループケアさくら・たんぽぽとの申し送り確認
     
   幼稚園児、小学生の持ち物確認、
明日の持ち物準備を子どもと一緒にします。

小学生の宿題確認
それぞれ持ち帰ったものを洗濯 洗濯干し。

子ども達の中で過ごす。
ゲームなど触れ合いを大切にします。
  買い物
近くのスーパーに子どもと一緒に出掛ける。

夕食の準備
例)白ごはん/和風ロール白菜/付け合わせ/かき卵汁
     
夕食
小学校や幼稚園での出来事を話したり、
食材について話したりとほっこりとする時間になるように
心がけています。
   
夕食片付け。
各部屋を掃除機をかける。
施錠確認。
     
入浴・布団敷き
それぞれの子どもと明日の準備と確認。
   
歯磨き
   
子どもの好きな絵本を読んでから
布団に入ります。
添い寝 就寝
     
本体幼児寮、さくらの職員と明日の朝の動きの確認。
(電話でのやりとり)

入浴のあとの清掃
洗濯、洗濯物干し、洗濯たたみ、アイロンがけ。

※個人成長記録/アルバム/母子手帳/季節衣類交換(名前布縫い)/靴洗い 

子どもの様子確認(チェック)
   
子どもの様子確認(チェック)
   
夜間の様子を申し送りに記入
     
朝食作り、準備
例)白ごはん/里芋の味噌汁/ツナ煮
(子ども達にも食べたい献立を聞いて取り入れています)
   
子ども起床うがい、洗顔声掛け 布団あげ
朝食(起きてきた子どもから一緒に食べます)
歯磨き介助 トイレ声掛け 健康チェック(薬服用児)
自分でできることは見守りながら、
自分で考えられるような声かけをします。
     
  小学生送り出し
     
  幼稚園送り出し
清掃
洗濯 洗濯物干し 洗濯物たたみ 布団干し(乾燥)
     
  退勤



 



 
半日勤務の場合  
     
幼稚園迎え  
     
幼稚園迎え  
     
  幼稚園児受け入れ
各生活している家に帰ってくる。
幼稚園からの手紙等を子どもたちと一緒に確認する。
     
おやつ準備
子どもがおやつを食べられるように準備する。
 
     
  当直者に申し送り
子どもと過ごす
     
  退勤




 

MEMBER / 活躍する社員たち クヨで活躍する社員たちをインタビュー。仕事や職場のこと、事業のことはもちろん、学生時代のことやプライベートについても紹介しています。

本記事記載の情報は2014年1月現在のものです